デザイン脱毛

“ムダ毛処理”は今や女性だけのワードではなくなってきました。最近では、美容男子という言葉まで出てきました。
近年では男性のエステ・クリニック通いは急上昇しています。フェイシャルに次いでムダ毛を気にする男性もかなり増えてきました。
そんな男性の脱毛ですが、すね毛の量は減らしたいけどツルツルまでは抵抗がある…、髭脱毛はしたいけど、顎髭は残しておきたい…という、女性にはない意見があります。そんなことは可能なのでしょうか?解説致します。

毛の無い男って引かれる?

ムダ毛を気にする男性が増えているのは事実です。が、お手入れした事による女性からの目を気にしている男性も多く、よくお話しを聞きます。
そんな中、男性用美容グッズとして、すきバサミ(カミソリ)が人気のようです。理由としては、「見た目が自然」「バレない」「量を減らす」がポイントのようです。

女性は男性の髭をどう思っているのでしょうか。
塩顔男子、塩系男子という言葉を聞いたことはありますか?以前はあっさりとした顔立ちのしょうゆ顔、くっきりとした濃い顔立ちのソース顔なんて呼ばれていましたが、最近はしょうゆ顔よりももっとさっぱりした顔立ちの男性を塩顔と呼ぶそうです。そんな塩系男子に共通するのはひげがないということです。青髭もなく、ツルツルですね。髭のない男子は女子に人気なのです。

つるつるは求めない

ワキ毛やスネ毛が全くない状態は男性らしさに欠けると考える方も多いです。ツルツルになるまで脱毛はしたくないけど、今より毛量を少なくしたい!レーザー脱毛ではそんな要望にも応えることが出来ます。
照射をする際は、一旦希望部位は全て剃って頂き、全体を照射します。ですが、1回の照射で今生えていた毛が無くなるのではなく、一部が点々と間引いて抜けていくので、実質、量を減らす事は可能です。効果の出方にはもちろん個人差はありますが、5~6回当てて50%~くらいが減るでしょう。

1回で脱毛が終わらない理由「毛周期」についての記事はこちらをご覧ください。

オシャレ髭にしたい

髭がある=モテない

そんな事はありません。上記で、塩顔男子が人気とお伝えしましたが、女性が選ぶ好きな男性芸能人ランキングを見てみると、髭がない方ばかりではありません。人気俳優の西島秀俊さんやEXILEのような髭のあるメンズも人気です。女性から見て髭のなにがマイナスポイントかと言うと、「清潔感に欠ける見た目・印象」いわゆる無精ひげです。髭もちゃんと整えられていれば、女性からNGが出る事は無いでしょう。

では、顎髭や鼻下の髭だけ残して頬のあたりは脱毛するような、髭のデザインはレーザー脱毛で可能なのか?

可能です。

無くしたい部位を剃って頂き、そこをレーザー照射するだけです。剃っただけのデザイン髭だと、やはり夕方にはチクチク生えてきてしまったり、濃い方であれば青髭が目立ってしまいます。脱毛をすれば、必要としていない部位の髭を無くす訳ですから、境目がハッキリとわかりますし、肌色部位もザラザラ感が無く綺麗に魅せる事が出来ます。

まとめ

医療レーザー脱毛による「デザイン脱毛」は可能です。すね毛の脱毛であれば全く毛のない足ではなく、適度に毛が残った状態にする。ヒゲ脱毛であれば、残したい部分のヒゲだけ残して他の部分のヒゲは脱毛してしまう。すきバサミに頼ることもないですし、毎日デザインヒゲのお手入れの必要もなくなります。

但し、一度レーザー脱毛をすれば半永久的に毛は生えてきませんので、ヒゲのデザイン脱毛をする際にはよく考えて脱毛を受けられることをおすすめします。