高校生、中学生、小学校高学年の脱毛は可能なのでしょうか?
未成年の脱毛について気を付ける点などをご紹介していきます。

学生

未成年の脱毛について

年齢性別問わず、体毛・ムダ毛が多いと誰でも気になるものです。

特に“お年頃”な年齢の時期には、ムダ毛に執着してしまう方もいらっしゃるかも知れません。

カミソリや自宅で使える簡易脱毛機による自己処理を続けていると、知らず知らずの内に肌にダメージが蓄積されていきます。いわゆる「肌の老化」です。いつまでも水の弾く肌って、若々しくて良くないですか?♪

医療レーザー脱毛治療を行うと、毛が生えてこなくなる訳ですから、必然的に毛穴が引き締まってきます。レーザー脱毛には、毛穴の引き締め効果の他に、チクチクといった刺激が肌の細胞を活性化してくれますので、肌質改善のお手伝いにもなるのです。保湿ケアをしっかり行う事で、キメが整い、肌のコンディションがいつまでも若々しくキープ出来るのです。

何歳から始められるの?

未成年の脱毛治療については、ワキ毛の他にも、「眉毛がつながっている」、「口ひげが生えている」と言って学校でからかわれた事を心配しての理由からお顔の脱毛の希望を本人や両親からされるようです。他には、母親がレーザー脱毛治療のご経験があり、子供にもすすめたい。といった意見です。

「何歳から脱毛する事が出来ますか?」はもっとも多く質問されるワードです。

正直、毛が生えていれば誰でも受けられる治療です。(神戸中央クリニックでは年齢制限はございませんが、クリニックによっては年齢制限を設けている所もあります)

医療レーザーによる永久脱毛技術が確立し、施術施設が増え脱毛治療は身近になりました。
しかし、お子様自身の希望ではなく、両親の独断でご予約をされる方も少なくありません。リスクや知識をお互いにしっかり受け入れられてから始めるのが望ましいです。

成人とは違う未成年の脱毛

毛周期

毛周期とは、簡単に、毛の生え替わりのサイクルの事を言います。

通常、大人であればサイクルもほぼほぼ安定しており、「成長期」の周期段階時期に合わせながら脱毛を行うのですが、思春期のホルモンの影響で毛(毛器官)が発達するので、活動性の高い小学校高学年~中学生頃までは成長期の毛が安定しにくいと言われています。そのため、脱毛治療完了までに余分に照射回数がかかってしまう可能性が高いのです。

痛み

永久脱毛は、レーザーのエネルギーが周囲の組織を傷つけることなくターゲットとなる組織(毛を作る細胞)のみを選択し、高温な熱エネルギーで死滅させるという原理で行われます。死滅させるための適正出力でレーザー照射を行いますが、同時に痛みも伴います。

「輪ゴムで弾かれたような痛み」と言われますが、痛みの感じ方にはもちろん個人差もあり、毛の太さや部位によっても違いはあります。子供の痛みの感じ方は大人よりもより大きいかもしれません。

脱毛を受ける際には、医療機関であれば麻酔クリームを希望できます。
麻酔クリームを使用する場合は、お薬を肌に塗布し20~30分静置します。痛みが完全に取れるのではなく、感覚を鈍らせ痛みを抑えるという事なのですが、麻酔クリームによる肌表面の刺激で炎症を起こす場合があります。

日焼け対策

土台=お肌が白ければ白いほど、レーザーのターゲットが毛だけに集中するのでより効果が出やすくなります。

日焼けしているという事は、肌表面にメラニンを沢山含んでいるということなので、脱毛効果が落ちてしまう他に、火傷のリスクが高くなります。レーザー脱毛に通う際に一番気を付けることは紫外線対策ですので、特に日焼けのしやすい春~夏の時期は気を付けなければなりません。小学校・中学校というと野外体育の他にクラブ活動もあるかと思います。日焼けをしてしまった期間中は脱毛に通うのをお休みして頂くのも可能ですが、次回照射までに期間が開きすぎると、ただでさえ周期が不安定なのであまり望ましくないでしょう。

まとめ

早期の脱毛が決して望ましくないとは言いません。
しかし、親御様とお子様との間で、医療レーザー脱毛を受けるにあたっての事前の話し合いをしっかりして頂く事が大切かと思います。