お手入れ

毎日のムダ毛の処理から卒業するために、医療脱毛やサロンでの脱毛を選ぶ方が増えてきているように感じます。ムダ毛のないきれいな肌は、女性にとって大きな憧れの一つでもありますよね。

しかし、いくらムダ毛をなくすことができても、肌の手入れを怠ってしまっては、肌へのダメージを蓄積してしまうことに。そこで今回は、脱毛後の肌のお手入れや注意点についてご紹介していきます。

第一に保湿

保湿

レーザーやフラッシュを使った脱毛後の肌は、ダメージを受けるととともに水分量も減っています。いつも以上に肌の乾燥が進んでいる状態になっているので、少しの刺激で、より深刻なダメージを負ってしまうことにもなりかねません。

普段から顔も体の保湿も心掛けている、という方はいつもより少し入念に。そしていつもは体の保湿はしていないという方は、これを機会にしっかりと体の保湿も心掛けてみましょう。

充分な水分量を確保した柔らかな肌は、それだけで肌トラブルを遠ざけてくれます。また、しっかりと保湿をされた吸いつくような肌は、レーザーの通りもよくなります。次回からの脱毛時の効率を上げたり、痛みを軽減してくれる効果が期待できますよ。

保湿の際には高級な保湿クリームを使う必要はありません。安価なものでも十分なので、毎日のケアに取り入れてみてくださいね。脱毛後は特に意識をして保湿をしてあげましょう。この際、背中など手が届きにくい場所は、オールインワンゲルなどの、伸びがいいものを使うと楽に保湿することができます。

熱を持っているようなら冷やす

タオル

脱毛後のお肌は火照っているので、クリニックなどで肌を冷やすための処置が行われます。もしも自宅に戻った後も火照ったような感じが続くなら、濡らしたタオルなどでやさしく冷やしてあげましょう。

また、冷やす行為が有効であることからわかるように、脱毛部分を温めてはいけません。脱毛部分を温めてしまうと、赤みが出たり、炎症を起こしてひりひりとした刺激を感じることがあります。

冬場など、ついつい炬燵に潜り込んでしまう方も多いと感じますが、脱毛後は不用意に患部を温めないよう気を付けましょう。

日焼け止めはしっかりと

UVケア

脱毛後の肌はダメージを受け敏感になっていることから、少しの刺激でも過敏に反応してしまうことがあります。紫外線という刺激も例外ではなく、普段よりも深刻なダメージを受け、シミの原因になってしまうことも。

また、極端な日焼けをしてしまった場合、次回の脱毛を断られてしまうこともあります。肌へのダメージを抑え、脱毛をスムーズに行うためにも、脱毛後は日焼け止めの使用を徹底して行いましょう。

まとめ

今回は脱毛後の肌のアフターケアに関してご紹介してきました。ムダ毛のない肌で自信をもって毎日を過ごすためにも、施術を受けるだけではなく、自身でもしっかりとケアを行うことが必要になります。

また、もしも上記までで紹介したようなケアをしていても、トラブルが発生してしまった場合は、速やかにクリニックやサロンに連絡を入れましょう。自身の肌の状態を誰よりわかっているのはあなたです。過敏になっている肌を、いつもよりいたわってあげてくださいね。