ホルモンバランス

毛の種類とホルモンには密接な関係性があります。全身脱毛が一般の方にも浸透し始めた初期のころには、「全身脱毛をするとホルモンバランスが崩れる」などという噂が立ったこともあるほど。

脱毛とホルモンバランスには、どのような関係性があるのでしょうか?スムーズに安全な脱毛を行うためにも、詳しいところを見ていきましょう。

全身脱毛をするとホルモンバランスが崩れる、これは嘘?本当?

まだ若い方の中には、聞いたことがない方もおられるかも知れません。しかし、全身脱毛が一般化してきたごく初期のころに、このような噂がたったのは事実です。

ただ、この噂に信ぴょう性はありません。脱毛をしたからと言って、ホルモンバランスが崩れてしまうなどということはあり得ないので、安心しても大丈夫。ただの噂に騙されて、「脱毛をしたらホルモンバランスが崩れるから…」と脱毛を躊躇する必要はありません。

では脱毛とホルモンバランスの関係性は?

ホルモンが関係する体毛の種類

髪の毛やまつげなど、女性にとってムダ毛とは対極的に、大切にしたい体毛も人の体にはありますよね。これらと腕や足に生えてくるムダ毛とは同じ種類のものなのでしょうか?

人の体に生えてくる体毛には3つの種類があり、それらは無性毛、両性毛、男性毛と呼ばれる3種類になります。

無性毛 性ホルモンの関係がほぼないといわれる体毛 眉毛、まつげ、手足の毛
両性毛 発毛に関して性ホルモンの関係がみられる体毛 ワキ、アンダーヘア
男性毛 男性ホルモンが大きくかかわってくる体毛 ヒゲ、胸毛、背中、手足の太い毛

これら3種類の毛は、上記の表で見られるように対応する毛の場所が違います。両性毛などは、男女関係なく思春期に生えてくる毛だと考えることもできますね。

また、性ホルモンが関係していると考えられている体毛は、男性ホルモンの影響も受けやすくなっています。ホルモンバランスの乱れから、男性ホルモンが優位になると、濃く、太いムダ毛になりやすくなるのです

ホルモンバランスは毛周期とも関係が

「毛周期」という言葉。脱毛を試みようと考えている方なら、一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。この毛周期とは文字通り、「毛が生えてくる周期」になります。実はこの毛周期はホルモンバランスの乱れから、周期にも乱れが表れる場合があります。

脱毛の際に行うレーザーやフラッシュの照射は、毛周期に合わせて行うことで、その効果を上げています、乱れてしまえば適切な処置を行えていないことになり、結果いつまでたってもムダ毛がなくならないという事態に。

ホルモンバランスの乱れは、多くの場合ストレスや環境の変化によっておこります。脱毛の処置を受けている間は、スムーズな脱毛を受けるためにも、ストレスをためないよう気を付ける必要がありますね。

まとめ

今回は脱毛とホルモンバランスの関係性などについてご紹介してきました。

思春期の頃からムダ毛が気になりだしたという方も多いと感じます。それは私たちの体の中で性ホルモンが活性化し始めたからこそなのでしょうね。

しかしこのホルモンは、体にとって必要不可欠なものであることも確かな事実。ホルモンバランスを整えることは、キレイな地肌のためにも必要なことですよね。普段からストレスや睡眠不足を避け、自信を持てる肌になれるよう心掛けてみましょう。