妊娠中

赤ちゃんを妊娠するということは、女性にとって大きな喜びの一つだと思います。しかし脱毛期間中に妊娠がわかった場合、ほぼすべてのクリニックやサロンから、施術ができないと断られてしまうことになってしまいます。

今回は、この妊娠期間中に脱毛の施術が行えないのはなぜなのか?また、再開する際の目安などご紹介していきます。

妊娠中の脱毛はNG、理由は?

脱毛期間中に妊娠に気づいた場合、ほぼすべてのクリニックやサロンで施術を断られることになってしまいます。また、妊娠をしたら施術をしてもらえないことを考えると、妊娠に気づくのが遅れた場合なども心配になってしまいますよね。

しかし、脱毛の施術がダイレクトに胎児に影響を与えることはありませんので、この点に関しては安心して大丈夫。

妊娠中の施術がNGな理由としては、基本的に妊婦さんにストレスを与えないようにという考えが前提となっています。妊娠時は大きな体の変化を伴い、これと同時に精神面でも不安定になりがちなもの。

痛みを強く感じるようになったり、肌が敏感になることから荒れやすくなってしまうことも。これらは妊婦さんにとってストレスの一つとなってしまいます。

また、妊娠時特有の「つわり」の問題や、おなかが大きくなることから、長時間同じ姿勢をキープするのが難しいという側面も考えられるのです。

クリニックやサロン側としては、万が一の時にも、責任の取りようがないという現実もありますね。妊娠中は第一に赤ちゃんのことを考えてあげたいもの。危険因子をなるべく排除するためにも、脱毛の施術は断られることになるのです。

妊娠中の脱毛は効果が薄いという理由も

妊娠中にムダ毛が濃くなった。こういった事例を聞いたことはありませんか?そもそも体毛とは体の大事な部分を守るために生えているので、妊娠したおなかを守ろうとして産毛が濃くなる方も多くおられます。

この現象はホルモンバランスの影響が考えられ、体毛が濃くなるだけではなく、逆に薄くなったり、今まで生えてこなかった場所から生えてくる方もおられます。このような体毛の変化が起こっている際に脱毛の施術を行っても、脱毛効果が出にくいという面もあるのです。

体毛が濃くなったとなれば、それこそ施術をお願いしたくなるようにも感じますが、妊娠中は我慢をしておきましょう。

再開の目安は?

出産後の再開の目安としては、授乳期間が終わったらとしているところが多いようです。クリニックやサロンによっては、生理が開始された後ならOKとなっているところもあります。しかし、やはりおすすめは授乳期間が終わってから。

授乳期間が終わるころと言えば、お母さんや赤ちゃんの体調もだいぶ落ち着いてきていますよね。また、授乳期間が終わるということは、赤ちゃんの腹持ちもよくなってきているころ。

数時間程度ならば旦那さんに任せることもできるようになるでしょう。また、赤ちゃんと旦那さんだけの時間を持つということは、育児の面から見ても大切なことではないでしょうか。お母さんはリフレッシュタイム、赤ちゃんと旦那さんの間も密になるとなれば、いろいろなメリットがあるとも言えますね。

まとめ

今回は妊娠中の脱毛はなぜNGなのか、その理由や再開の目安などをご紹介してきました。
女性にとって関心が高いであろう、美容と妊娠という2つのことが重なってしまうのは、嬉しくも困惑してしまうような事態ですよね。

しかし、赤ちゃんを守れるのはお母さんだけ。重なってしまった場合は、妊娠の方を優先しましょう。出産後の脱毛も、見方を変えれば育児からすこしだけ離れて、リフレッシュするための有意義な時間になるかもしれませんよ。