アトピー、敏感肌

女性にとってお肌の問題はムダ毛以外にもたくさんあるもの。アトピーや敏感肌の方でも「脱毛」をすることはできるのでしょうか?

肌が強い方が施術を受けたとしても、脱毛にはどうしてもそれなりの負担が伴います。アトピーや敏感肌の方が脱毛をする場合、どのようなメリットが期待でき、どのような注意点があるのか。ここから詳しく見ていきましょう。

アトピー、敏感肌でも脱毛はできる?

結論から言ってしまうと、基本的にはアトピーや敏感肌の方でも脱毛は可能となっています。カウンセリングを受ける前から「できない」と拒絶されないということは、とてもうれしいことですよね。

また、無理に自己処理を進めることを考えれば、アトピーや敏感肌の方こそ医療、サロン脱毛がおすすめできるという面もあります。剃刀で剃ったり毛抜きで抜く、除毛ワックスを使うなどの自己処理は、敏感な肌に対して大きな負担となってしまいます。

仕上がりの違いを考えても、やはり脱毛を考えたほうがいいと言えるでしょう。

脱毛をすることによるメリット

上記でも紹介したように、脱毛をしてしまうことによって自己処理から卒業することができる。という点が一番のメリットと言えます。アトピーや敏感肌の方の肌は「バリア機能」が低下している状態。

このバリア機能が低下している状態で自己処理を進めてしまうと、皮膚にダメージを蓄積させてしまうばかりになってしまいます。処理をしたその時だけきれいになっても、かゆみがひどくなってしまったり、色素沈着を起こしてしまえば意味がありません。

しかし、脱毛を選択することができれば、一定期間の間施術を受けるだけで、あとは肌に対して無理な負担をかけることがなくなります。ムダ毛に悩まされることなく、肌の改善に対してのみ集中することができるようにもなりますよ。

脱毛をする際の注意点は?

注意点

アトピーや敏感肌の方でも脱毛は可能と紹介しましたが、やはり気を付けておかなければいけない注意点もあります。特に、アトピーの方は肌が炎症を起こしているときや、かゆみがひどいときは施術を行ってもらえません。

これは、肌に負担をかけないためにも仕方がありませんね。また、アトピーの治療薬として「ステロイド」系の塗り薬を使っている場合も施術を断られることが多いことを知っておきましょう。

理由としてはステロイドの使用によって免疫が低下、感染症の危険性が高くなること。そしてステロイドを塗っている場所にレーザーを当てると、色素沈着を起こす可能性が高くなることなどが挙げられます。

これらのことは事前のカウンセリングでもしっかりと説明されるはずなので、しっかりと相談をしておいてくださいね。肌の状態を見極めながらベストな方法で脱毛をかなえていきましょう。

いざというときの対処のためにも医療脱毛が一番おすすめ

アトピー肌や敏感肌だから脱毛はできない…。とあきらめていませんでしたか?しかし、ここまで紹介してきたように、アトピーや敏感肌の方にこそ脱毛はおすすめです。

特に医療の専門家が施術をしてくれる医療脱毛ならば、アトピーに関しても詳しい知識を持っています。まずは、カウンセリングを受け、自身の肌が今どのような状態なのかをしっかりと認識することも大切な一歩です。

何度も紹介してきたように、アトピー、敏感肌だからと言って脱毛が受けられないわけではありません。肌を傷つけるばかりの自己処理から卒業して、医療脱毛も検討してみましょう。